🎪 NEXT STAGE 🎪


【予告】
 2019年8月
「熊谷有芳の全力演劇夏祭り(仮)」

 **8月にたくさん演劇します**
 詳細は追って!

2017年12月22日

ひとり京都

6:30 長岡京高速で降りる

阪急で嵐山へ

CF968D65-57D5-4E37-887F-46DBEA1CC3DA.jpg

駅のベンチがかわいい。


5467D070-D9AD-4F6D-A30E-2AB924D839CC.jpg

てか駅がかわいい…!!

電車で嵐山へ来たのは初めてでした。


F287E93E-C8D2-4015-863F-70DDAC61FC78.jpg

人もいなくて清々しい嵐山。
外気は冷え冷え。
肌が痛い。

とりあえずバスのフリーパスを求めて京都バスの営業所まで歩く。
まあまあ遠い。

高雄へ行く予定だったので、
1200円の一日観光券を買う(も後々しくじる)。


営業所の行きしなに通りがかった車折神社へ。
もともと行こうと予定していたのだ。


9A67898D-A5C9-452A-9F9B-4F1BF98BA78D.jpg

まだ8時をまわったばかり。
地元の通行人しかいない。

車折神社はいたって普通の神社でした。


68BD0A0E-463A-4BD5-8463-34F7D197889F.jpg

芸能の神様にお参り。
錚々たるお名前の札がズラリ。


さっそく高雄へ行こうと、目的地へ向かうバス停へ歩く。


46ED55A9-25BF-403D-A511-F85C6D7B08A7.jpg

途中、甘い香りに誘われてパン屋へ。
フレンチトーストを買う。
どれも100〜150円ほどで大変リーズナブル。
あと、一斤の食パンが次々と焼き上がっては棚にシュッと収納されていくのを見るのが面白かった。

全体のルートを見直し、まずは鈴虫寺に行く事に変更。
車折神社前からバスに乗る。


66D951F6-FDFD-4E55-AE4F-D422FD107A5F.jpg

鈴虫寺(妙徳山華厳寺)にはわらじを履いたお地蔵さんがいらして、
お願いごとをするとこの石段を降りて、
自宅まで願いを叶えに来て下さるんだそう。
だから、願いが叶うまでに時間がかかるのと、
願い事をするときに住所を言わなくてはならない(心の中でね)。
のに住所言うの忘れてたわ。
家帰ってからでもやっておこう…
案外信心深いな自分。

鈴虫寺ではお茶とお菓子をいただきながら説法を聞けます。
人気なので、長蛇の列になる時もあるらしい。
この時はオフシーズンかつ朝一だからか数人だけでした。


CA562AEA-5714-41A9-81A1-94350B0A8A5E.jpg

まだ食べてない。

お坊さんの問いかけにしゃしゃって答えたら見事に違ってたり、
夜行バスの反動で眠気に襲われたりしましたが、
わかりやすいお話で楽しかったです。
鈴虫は想像以上に鳴きまくってました。

バスでいったん渡月橋の辺りへ戻る。


E8ACA588-C29B-48AB-ADD7-9E516C6EC15B.jpg

いつの間にやら10時をまわり、ポカポカと暖かい。
素晴らしい景色だ。


732075B5-DA93-4737-A2E8-71DB6468F256.jpg

人物入りの図。

次は本当はいくはずじゃなかったけど天龍寺へ。


FEC8B6B1-D657-4D7D-B6B6-21059D2D1782.jpg

ああ…来てよかった…
冬だしまあいいか…と思ったけど、
花も紅葉もなくても美しくて、静かに心を揺さぶられました。
なんか感動して泣きそうでした(笑)


06762DA6-9D51-40B4-8220-20890CD1BC5C.jpg

冬ならではの光景も。


032A796E-3AFB-4EEC-A0BD-80200740C1BA.jpg


A161BE41-FABF-4657-9976-1359F5764476.jpg

沈んでしまった、紅葉の絨毯。
色はくすんでしまったけど形はまだハッキリと。


CA671EED-A612-4038-81E0-14B1E55B817D.jpg

小紫式部ナメ。


82737BFD-6D6A-4605-8D9F-B09C098A1657.jpg

ううう美しい…

そんなわけで予定外に天龍寺で時間を食いました。


つづく(かも)
posted by 熊谷有芳 at 09:17| Comment(1) | 日々徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月15日

スーダラ節

ちょいと一杯のつもりで飲んで
いつの間にやら
ハシゴ酒

は、してないですけども。

盟友、津和野くんと久しぶりにサシ飲みしてきました。
(彼のラジオ番組「サシでもいいですか?」ではない。ただ飲んだ)

盟友ってどういう意味なんだろうかとググったらば「かたい約束を結んだ友。同志」と出てきた。
約束…?
まぁでも、きっとそれに近い関係なんだろう。

この二人だからこそ話せることがあるというのはありがたいことだ。
自分もまだまだだ。
教わることがまだまだ多い。

いきなり菩薩になれるわけがないのだから、
まずは人間らしく、やさしくなりたい。

一人前にはまだまだ遠い。
女優の道もまだまだこれから。

半人前にも到達したのかどうか。

先を見据えて歩みましょう。
そんな、いいお酒でしたよ。
posted by 熊谷有芳 at 00:22| Comment(3) | 日々徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月11日

SUPER BIG EGG

BIG Entertainment and Golden Games
それが、BIG EGGの正式名称だそう。

そう、東京ドームのことです。


D9187494-2EBB-4B67-B102-5E550D186F36.jpg

抜けるような青さの空の下、大きな卵は夜のために備えていました。

12/9&10、THE YELLOW MONKEYの東京ドーム公演に参戦してきました!
どっちかだけでも当たれと応募したらどっちも当たってしまいウヒョウヒョ言いながら出費が痛すぎて(支払い当時クソ貧乏だった)のも今は遠い昔…
チケット代なんか知らん!!

18:00開演のところをグッズの長蛇の列を警戒して14:30に到着するも物販スイスイでとにかく暇してました。
パンフ読んだり写真撮ったりドームにある野球グッズストアに寄ったりMLBカフェグッズストア寄ったり、
とにかく暇でした(笑)


499C62DC-0717-462B-A017-59DDCBC83087.jpg
柱ロビン。


BE285E9F-21DF-4573-8E44-22639E09256B.jpg
TYMくん寄せ書きパネル。
2日めには上の空白スペースに書いてもらうためひっくり返ってました(笑)


C563A2C7-9CB1-41F5-8249-CE560FAB9A63.jpg
MLB cafe
チームロゴのネオンサインが超かっこいい。

ウロウロしてるうちに時間は案外経過してくれるもので、
さてそろそろ入場に並ぶかというところであることに気づいてしまった。

わたしはこの日「ライブ中やライブ後は喉乾くから沢山水を飲もう」と2Lペットの水とそれを入れる水筒を持参していた。

だけど、そう。
東京ドームは500mlペットまでしか持ち込み出来ないのだ。
入場時には手荷物検査がある。
規定外のペットボトルや缶飲料は紙コップに移し替える必要がある。
しかし紙コップに入る量ではない。

さあ困った。
開場時間は迫っている。
捨てるのか?
それは勿体なくてできない。
たかが水、されど水…

そこでわたしは入場前にペットボトルの中の水を全部飲む事にした。
入る分は水筒に入れて、残り500mlほどだろうか。
ほぼ一気飲みした。

普段ガバガバ水分をとるほうではないのだが、
案外イケるものだ。
そう思った。

そして入場列に今度こそ並ぶ。
しかし、開場時間が大幅に押す。
大量に水分を摂取したため膀胱はすぐに疼きだすし、あとすごく寒い。
機材チェックの関係で20分遅れでオープン。
まあ、いろいろ大変なんだろうな。
それは実際のステージを見れば分かることでした。

そして無事にドームの中へ入ったわたしはすぐさまトイレへ。
この時のトイレは平穏…空いてました…

そしてコラボメニューのハンバーガーを買うためにまた並ぶ。
そう、ライブとは何かと並ぶイベントなのだ。
なぜなら人が沢山いるから。
理由はそれだけだ。

無事にバーガーを買い、アリーナへ。
アリーナつったらもう、テンション爆上げですよ。
ワクワクしながら席に着いたら、最後方ブロックのはじっこのほうでした。
メインステージが信じられないほど遠い。
だが真ん中のサブステージはまあまあの距離だ。
しかしここはアリーナ席。
当然、前の人達によってほぼ何も見えなくなるのだと、その時からわたしはちょっぴり切ない気持ちになった。

そしてバーガーを食べ終わり、わたしは感じた。

そう。これは、尿意だ。

開演まであと1時間。
どんなに混んでるとは言えヨユーで間に合うぜ。
てなわけでトイレへ。

行ったのだが、どこも鬼のように並んでてビビって並べなくて、
気づけば遠いトイレまで来ていた…
まあいいや並ぼ…
と並んだら結果30分以上並びました(笑)
ディズニーランドじゃねぇかよ。
開演10分前には席に戻れましたが、
わたしの後に並んでいた多くの女性たちはどうなったのか気になってしょうがない。

席に戻り眼鏡をかけるなど準備をする。

パーティーはもうすぐだ。

〜つづく〜


posted by 熊谷有芳 at 16:59| Comment(3) | 日々徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする